節分そば

「節分そば」ってご存知ですか?

一般的に「年越しそば」といえば、12月31日の大晦日に食べるそばのことですよね。

実は江戸時代の後期には、節分に食べるそばを「年越しそば」と呼んでいました。

(江戸時代の史料で、大晦日に食べるそばを「年越しそば」と呼んでいるものは、今のところ見つかっていないそうです。)

 

節分とは、季節の変わり目のことで、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことをいい、

本来は年4回ありますが、とくに立春の前日の節分は大寒の最終日で、冬から春への節目の日となることから、

立春の前日を称して節分と呼ばれるようになりました。

江戸時代は立春が年の改まる日という考えがあり、節分に食べるそばを「年越しそば」と呼ぶようになりました。

 

そばの噺あれこれ 節分そば