今年もあと半月ちょっととなりました。

今回のそばの噺あれこれでは「年越しそば」について解説したいと思います。

年越しそば

年越しそばは12月31日の夜に食べるそばのことで、日本国内の多くのご家庭で召し上がられます。紅白歌合戦を見ながら食べる家、除夜の鐘を聞きながら食べる家、それぞれご家庭により食べられる時間帯は違うとは思いますが、多くの人がそばを食べる古来から伝わる国民的な行事です。

その起源は鎌倉時代とも江戸時代とも言われますが、その由来や起源には諸説あり、どれが元になっているかはわかっていません。

そこでいくつかの年越しそばの起源や由来をご紹介します。

 

【起源】

鎌倉時代に博多のお寺で年を越せないほど苦労されている方々に「そば餅」をふるまわれ、それを食べた方々の運気が上がったことから、「そば餅」を食べれば良いことがある、と噂が広がり毎年食べるようになったとの言い伝えがあります。

 

【由来】

鎌倉時代に始まったとされる年越しそば、江戸中期頃に「そば切り」が始まり、そばも餅から麺へと変わっていき、年越しそばにまつわる由来がいろいろ語られ始めたようです。

よく言われる由来は次の通りです。

 

そばは他の麺類と比べて切れやすい事から「今年一年の厄を断ち切る」という意味で、大晦日の夜に食べる風習が生まれたといわれています。

また、そばを食べると内臓に溜まった毒を取り払ってくれると思われていて、新しい年を健康で迎えられるようにとの願いから、大晦日の夜に食べたとされています。

さらには、細く長い見た目から長寿への願いや、その昔、金細工師が散らばった金粉を集めるのにそば粉を丸めたもの使ったことから、金運が良くなるようにといった願掛けもあったようです。

 

【何時ごろに食べるの?】

一年の厄や毒を取り払う意味から、食べる時間帯は、昼より夜、夜より深夜が良いとされていますが、年内に厄を取り払う意味があることから、年を跨がず31日の間に食べきってしまうのが良いとされています。

 

【!!美味しい年越しそばを笑顔で食べましょう!!】

今年の嫌な事や不運を断ち切って、新年に向けて願掛けをしながら食べる+「年越しそば」。とても素敵な伝統です。

美味しいそばを食べて、新しい年を幸せに過ごしましょう!!

 

そばの噺あれこれ 年越しそば